2018年11月26日月曜日

第3回介護創造力コンテストで第三位になりました!

日本介護福祉士養成施設協会 近畿ブロック会が主催の
『介護創造力コンテスト』(第3回)の2次予選及び決勝戦が11月25日(日)に大阪人間科学大学にて行われました。

このコンテストの趣旨は
社会に対して、介護福祉士養成校の存在意義を発信し、コンテストを通して、介護福祉士養成校教育全体の質の向上、また学生のモチベーションを挙げ、介護過程のアセスメント力・計画作成力・プレゼンテーション力の向上を図ることが目的です。

第3回の今回は、全国の介護福祉士養成校へ参加を募り、参加を申し込んだ学校(全国で16校)が各学校で1次予選を実施しています。
その1次予選を突破した6校が、昨日の2次予選へ。(2次予選には、北海道や岐阜、福井の養成校の学生たちもいました)
そして
2次予選の結果3校が決勝進出し、プレゼンテーションを競います。

出場したのは専攻科・介護福祉専攻の4名です。

2次予選終了後の決勝進出校が発表された瞬間は、参加していた学生はもちろん、一般参加していた学生や私たちも驚きでした。
なお、本校と大阪人間科学大学と京都女子大学が決勝進出でした。

決勝のプレゼンテーションも各校ともさすがは決勝戦という内容でした。
本校の場合は介護実習が間にあり、昨日の前日、11月24日(土)までは実習でしたので、学生たちにとっては、厳しいスケジュールの中、本当によく頑張ってくれました。

感動をありがとう!!



学校では教室に賞状をいれて飾ってます!